英会話

瞬間英作文は効果がない?意味がない?【瞬間英作文の落とし穴】

英語を話せるようになりたい人

「英語を話せるようになりたい…、でもどんな学習法がいいんだろう。瞬間英作文って有名だけど効果があるのかな…」

本日はこういった疑問についてまとめます。

瞬間英作文は日本人に「効果あり」です。

結論として、日本人には瞬間英作文は「効果あり」です。

なぜかというと、多くの日本人が「日本語で英語を学んだ」からです。

僕は留学なしでTOEIC990点をとりましたが、TOEIC700をこえた段階では全く英語を話せませんでした。

その時の打開策がこの瞬間英作文です、めちゃくちゃ効果ありました。

瞬間英作文はシリーズ化されていますが、一番有名なのが「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」です。2006年に発売されていまなお売れ続けている、英会話対策本のベストセラーです。

瞬間英作文は簡単な日本語を頭の中で英語に訳して(英作文)、音読するという学習法です。

「これは新しい本だ」という文章を見て「This is a new book」と口にする、というような学習になります。

簡単な文章でやるんですが、基本的な英語表現の型を身につけるために効果的です。

それでは具体的に体験談をまじえて説明します。

体験談:僕が英語を話せなかった時

僕の体験談を1つ紹介したいと思います。

大学生1年生のころの話ですが、某私立大学で英語を学んでいました。当時はTOEIC700点くらいの英語力でした。

ですが、英語の授業になるとまったく英語を話せませんでした。

TOEIC720点くらいの基礎があっても話せなかった理由はこんな感じです。


英語を話せなかった理由
  1. 英語で考えることができない
  2. 「日本語→英語」のトレーニングをしていない

具体的に説明します。

英語を話せない理由①:英語で考えることができない

まず、会話をする時に「英語で考える」ということができませんでした。

当時19歳の僕は、それまでの人生で英語で考えるという経験がありませんでした。

日常の会話では、当たり前ですが「日本語で考える→日本語で話す」です。

これは多くの日本人と同じだと思います。(帰国子女であれば別かもですが)

「英語で考える→英語で話す」という経験がないので、英語を話すことができないんです。

なので、英語を話せるようになるためには、「日本語で考える→英語で話す」トレーニングが必要です。

英語を話せない理由②:「日本語→英語」のトレーニングをしていない

英語を話せなかった理由の2つめとして、「日本語→英語」のトレーニングをしていなかったからです。

具体的に説明します。僕が英語を話す時の頭の中はこんなかんじです。

英語を話すときの頭の中
  1. 日本語で考える
  2. 「日本語→英語」に頭の中で訳す
  3. 英語を話す

「②「日本語→英語」に頭の中で訳す」が重要です。この「日本語→英語」ができなかったので、なかなか英語が口からでてこなかったんです。

瞬間英作文は、まさに「②日本語→英語」のトレーニングをする学習法です。

ここが苦手な人は、瞬間英作文で学習をするのが効果的です。

英語を話せるようになりたい人

でも、瞬間英作文に否定的な意見もみますが…、効果がなさそうで心配です。

そういった心配もあるかもしれませんが、瞬間英作文で英会話学習をして大丈夫です。

なぜなら、否定的な意見の多くが「英語で考える→英語で話す」ことを求めているからです。

「英語で考えられるようにする」という目標の学習ですね。

ただ、日本で英語を学んだ方にはあまりおすすめできません。

なぜなら、英会話には必ず相手がいます。相手の発言に対して、テンポよく会話を返す必要があります。文章を読む時に「英語を英語のまま理解する」のとはわけがちがいます。
実際に僕は英語を英語のまま読むことはある程度できますが、いまでも話すときには「日本語→英語に訳す」の流れがベースになっています。

「日本語→英語に訳す」をトレーニングする方が、難易度も低く会話ができるようになるのも早いです。

ここまで読んで、「これなら、瞬間英作文で英語を話せそうだな」と思う人もいるかもしれません。

でもじつは、瞬間英作文には落とし穴があります。瞬間英作文は効果的ですが、これだけではペラペラ話せるようにはなりません。

瞬間英作文の落とし穴

瞬間英作文だけでペラペラに話すのは無理です。瞬間英作文の落とし穴はこんなかんじです。

瞬間英作文の落とし穴
  1. 話す型を学ぶだけ
  2. 実際の会話ではない

具体的に説明していきます。

瞬間英作文の落とし穴①:話す型を学ぶだけ

瞬間英作文は話すための基本の型を学ぶだけにすぎません。

「なかなか英語がでてこない」という悩みは解消できますが、ペラペラに話すのは無理です。

なぜなら、あくまで基本的な話すための形を学んだだけなので、トレーニング量が全く足りないからです。

トレーニングを増やすためには、少なくとも「瞬間英作文シリーズ」はひととおりやった方がいいです。

僕の経験でも2〜3冊くらい学習を進めてから、徐々に効果を感じられるようになりました。

瞬間英作文の落とし②:実際の会話ではない

瞬間英作文は実際の会話ではいので、会話の経験を増やすことも必要です。

とはいっても、島国日本では日常に英語を話す機会はほぼありません。

留学をするお金や時間があればベストですが、そうはいかない人も多いと思います。いまであれば自分なら「オンライン英会話」一択ですね。格安で手軽に会話経験を増やすことができます。

いろいろ話してきましたが、結論としては「瞬間英作文に効果はあります」

「海外旅行の時に話せるようにしたい」なら、瞬間英作文をトレーニングするだけでも十分だと思います。

ですが、「ビジネスレベルで英語力が必要」、「ペラペラ話したい」というひとにとっては、英語学習はとても長い道のりです。

ただ、本当に話せるようになった人は、全員間違いなく勉強やトレーニングを大量にしてきています。

効果的な学習法はあっても、ずるみたいな近道はないんですね…

とにかく自分にできることからはじめるのが、一番の近道かもしれません。まずは瞬間英作文からはじめてみましょう。

本日の記事は以上です。

こちらの記事もおすすめ!